法人内は便利な無線LANがおすすめ

法人で設置されるネットワークと言えば有線LANが多いのですが、無線LAN技術が進歩していることから無線LANを業務ネットワークの基盤に組み込む企業も増えています。無線LANが法人で利用されにくかった理由としては通信エリアとセキュリティが問題となりました。通信エリアについては強化すればいくらでも広げられるのですが、逆に狭めて必要最低限だけの空間で無線LANが使えるようにするのはなかなか難しいことが多かったのです。また、セキュリティについては接続台数が増えることでIDとパスワード管理が大変なことに加えて盗聴防止やなりすまし防止機能などが必要となり導入が進まなかった経緯があります。しかし、ソフトウェア側の対応が進んだことで法人でも簡単に導入する事ができるようになりました。

無線LANの通信エリアについて

法人向け無線LANネットワークでは事前に無線強度のチェックが行われることが多くなっています。オフィスの形はそれぞれ違いますし、内部の構造、利用機器、レーザープリンタの有無など電波を適切に管理するには事前調査が必要です。特に部署ごとにアクセスポイントが違う場合は問題が大きくなります。アクセスポイントのエリアがダブってしまえばクライアント側での通信に影響が出ることもありますし、弱い電波でも問題です。エリア内ならどの場所でも同様の接続にならなくてはなりません。シミュレーターも進化してきているので卓上での設計ができるようになったのですが、現場で実際に調査しないとうまくいかないケースが多く、通信エリアの設置はとても技術と経験がものをいう現場となっています。

無線LANのセキュリティと管理

無線LANを企業ネットワークに導入したくない企業の多くはIDなどの管理が大変だということで導入に踏み切らないケースが多いようです。無線LANへの接続はゲーム機でも可能となり、パソコンの多くが最初から設備を持っています。そのため、IDだけでは無差別に端末が接続されてしまい、ネットワークの帯域が足りなくなったり、セキュリティ上誰の端末なのか分からないのは困った問題となります。そこで端末についても管理をしなくてはならないのですが、端末数は増加傾向にあるため管理が面倒になってくるのです。そこで注目されているのが無線LANの法人向けパッケージです。マックアドレスとIDの管理がとても簡単になり、また、不正アクセスをチェックする機能があるなど法人にとって重要な機能がパッケージ化されて提供されるようになっています。